特別養護老人ホーム サンタ・マリア

家族会

家族会の設立と目的

利用者の方が幸福で  生きがいのある生活を送れるように。

サンタ・マリア家族会は、平成21年4月に「利用者の家族の親睦を深めるとともに、利用者の待遇改善など施設運営全般に渡って施設との連絡調整を図り、施設と家族間の信頼を深め合い、利用者が幸福で生きがいのある生活を送れるよう努力する」ことを目的に設立されました。

サンタ・マリアでは、「心身にいかなる障がいがあっても、人は神に似せられたかけがえのない存在として、また強い絆を持ったそれぞれのご家族の一員であることを忘れずに、身体的及び精神的なさまざまな要求に応えられるよう努力する」という理念があるように、利用者にとってご家族は大切な存在、また家族にとっても利用者は大切な存在であると考え、ニュジェント前施設長は開設当初から、ご入居者の生活をご家族と協力して支えていきたいと切望しておりました。そして、平成17年に新しくユニット棟が増床し、利用者が80名になったことがきっかけで、一緒にご利用者をお世話いただくご家族のために「家族会」を設立したいとの想いが強くなり、平成19年に設立に向けての設立準備会が立ち上がり、翌20年9月に「家族会」が発足、平成21年4月の設立総会で正式に発足することができました。

家族会活動

具体的な活動としては、
園庭の美化活動(1月・7月を除く奇数月)、夏祭りへの出店(7月)、敬老祭での家族交流会(9月)、秋の行事(11月)、餅つき大会への参加(12月)、家族会報の発行(奇数月)などがあります。
また、毎年度のはじめには定期総会と年6回の役員会も開催しています。

夏祭りでの「出前ヨーヨーつり」
美化活動
美化活動
夏祭りでの「出前ヨーヨーつり」
美化活動
秋の行事(笑いと歌のコラボレーション)