養護老人ホーム 聖ヨゼフ・ホーム

よくあるご質問

よくお問い合わせがある内容【Q&A】

養護老人ホームってどのような老人ホームでしょうか?

ちょっと、難しく言うと養護老人ホームとは老人福祉法に定められている社会福祉施設で、入所の要件には「環境上の理由及び経済的理由により居宅養護が困難であると認められること。」とあります。
ごくごく簡単に言うと、ちょっと身体が弱ってきたり、ものごとの判断がつきにくくなったり、住む所を失ったりして、なおかつ、あまり収入がない、という65歳以上の方が入っていただくところなのです。(※介護保険上の認定の有無や程度は問いません。)老人ホームといいますといわゆる『特別養護老人ホーム』が代名詞ではありますが、基本的に老人ホームという所は、施設との“契約”での入居ということになります。
しかしながら、養護老人ホームだけは、直接の契約ではなく、お住まいの高齢福祉の担当課さんへの入居申込みとなります。(これをお役所的な用語で、措置制度といいます。)もちろん、入居に関しましてのご相談などは聖ヨゼフ・ホームへのお問い合わせで大丈夫であります。何なりとお気軽にお問合せ下さい!

また、平成18年の老人福祉法および介護保険法改正により、介護保険サービスを受けることが可能となっており、聖ヨゼフ・ホームは、「一般型(介護予防)特定施設入居者生活介護」の指定を受けております。日常生活を送っていく上で介護が必要となった場合でも、安心して生活を送ることができます。

入所の際はどのような流れになるのでしょうか?

入所の基本的な流れ

-公益社団法人全国老人福祉施設協議会「高齢者の生活を守る養護老人ホーム~ 地域福祉のフロントランナー ~」より-

どのような方が入所の対象となるのでしょうか?

Aさんの場合

Bさんの場合

Cさんの場合

-公益社団法人全国老人福祉施設協議会「高齢者の生活を守る養護老人ホーム~ 地域福祉のフロントランナー ~」より-

65歳以上でないと入所できないのでしょうか?

入所の基準

-公益社団法人全国老人福祉施設協議会「高齢者の生活を守る養護老人ホーム~ 地域福祉のフロントランナー ~」より-

入所の際の費用や入所してからの費用はどれくらいなのでしょうか?

入所の際には、多額の一時金や入居金などは一切必要ありません。

全体的な流れ

具体例(※あくまで参考です。詳しくは市町村にお問い合わせください。)

具体例

-公益社団法人全国老人福祉施設協議会「高齢者の生活を守る養護老人ホーム~ 地域福祉のフロントランナー ~」より-

料金について

老人福祉施設入所者負担(本人の前年の収入により規定の額)が必要です

入所者に適用される費用徴収基準月額

入所者に適用される費用徴収基準月額

  1. 対象収入とは、前年の収入から租税、社会保険料、医療費などの必要経費を控除した後の収入をいいます。
  2. 3人部屋以上の多床室の場合は、費用徴収基準月額が、減額になる場合があります。
  3. 3. 費用徴収月額が、その月におけるその入所者に係る措置費の支弁額を超える場合にはこの表にかかわらず、当該支弁額とします。
  4. 月の途中で入所し、又は退所rしたときは、日割り計算になります。

扶養義務者費用徴収基準月額

扶養義務者費用徴収基準月額